注意:

return

首先當然是原文啦,這一段翻得我啊差點沒摔電腦不幹。

『遊☆戯☆王』

主人公。遊戯が千年パズルを完成させた事で、表と裏の2つの人格を持つこととなる。

『遊王デュエルモンスターズGX  

伝 説の決闘王(デュエルキング)として、その名はデュエリスト達の間に知れ渡っている。前作最終話から数年経過しており、アテムは既に冥界へ旅立っている 為、首に千年パズルは掛かっていない。この頃の彼は成長して背も伸び声色も落ち着いていて、かつてのアテムに似た、しかし穏やかな雰囲気を纏っていた。

顔については、現代での登場シーン全てにおいて目元が見切れていたり影で覆われていたりと演出上意図的に伏せられている為、その変化を窺い知る事は出来ない。

ある日、道を歩いているときに出会ったデュエリストの少年遊城十代に、「ラッキーカードだ」と精霊の宿るモンスターカード「ハネクリボー」を託す(第1話)。その後は旅に出ており、劇中では時折名前は出るものの長らく姿を見せる事はなかった。

しかし、デュエルアカデミアの卒業式を終えて旅立とうとする十代の前に再び姿を現す(第179話)。そして、十代が大人に成長する過程で失って しまったものを取り戻させる為に「最強のデュエリスト」とデュエルさせると告げ、ハネクリボーと遊戯デッキの力で十代を過去の自分の元へ導く。そして過去 の童実野町に辿り着いた十代の前に、千年パズルと神のカードを所有していた頃の遊戯が姿を現した。

過去の遊戯は、EHEROデッキを操る十代と互いに一歩も譲らぬデュエルを繰り広げる。しかし十代が最後に猛追を見せ勝負を制しようとした瞬 間、遊戯の千年パズルが光を放つ。そして、現代の遊戯が告げた「最強のデュエリスト」、即ちアテムが姿を現した(この時、前作のBGM「熱き決闘者たち」 のアレンジバージョンが流れるという特別な演出がなされた)。アテムは、十代のデュエリストとしての実力を認めた上で、その相手には「神」こそが相応しい と三幻神の一つ「オシリスの天空竜」を降臨させる。

『遊超融合!時空を越えた絆

主人公の一人として登場。ペガサスが主催するイベントのゲストに招かれていたが、タイムスリップしてやってきた遊星と十代の協力を受け入れ、パラ ドックスと対決する事になる。デュエルでは闇遊戯がその役目を引き継ぎ、パラドックスに奪われた遊星の「スターダストドラゴン」を得意のマジシャンのコ ンボで奪うなどして活躍した。『5D's』の時代においても伝説としてその名は知れ渡っており、遊星からも尊敬の念を抱かれていた。

2つの人格

千 年パズルの効果で人格交代を行う。遊戯が千年パズルを首から外すと人格交代が出来なくなり、パズルと遊戯が一定以上離れると会話も出来なくなる。 パズルが破壊された場合も、人格交代及び会話は一切出来なくなる。闇遊戯が表に出ている状態でパズルをはずすとどうなるかは不明。原作の海馬モクバとの毒 料理ルーレット対決でイカサマを破るために、一度だけパズルを手放したことがあり、その時は闇遊戯が表に出たままだった。

表遊戯

人物

漫画『遊王』、『遊☆戯☆王R』およびアニメ『遊☆戯☆王』、『遊王デュエルモンスターズ』の主人公。

年齢の割に体形は非常に小柄。性格も気弱で幼さが残るが、大切なものを守るためならどれほど凶悪な悪人であろうと臆せず立ち向かう強さと、たとえ敵対する人物であっても許し、信じようとする優しい心の持ち主。

また強い正義感も持ち合わせているが、普段は弱気がちな性格に隠れてしまっている。

エジプトのファラオであった闇遊戯と一心同体の関係であるため、「ファラオの器」と呼ばれることがある。

母親は登場しているが、父親に関しては原作アニメ版に全く登場描写されていない。設定では仕事の関係で単身赴任[1]。ただし、アニメ第一期では双六と二人暮しと説明されている

交友関係

元来の気弱で卑屈な性格が災いして「友人」と呼べるような人間がいない上、クラスメイトの城之内克也や 本田ヒロトからイジメられていた。風紀委員の牛尾からリンチを受けた二人を遊戯がかばったことにより、改心した城之内と友情が芽生える。以後はお互いに一 番の親友として信頼し合う関係となる。後に本田とも友人になり、城之内とともに学校内外問わず常に行動を共にするようになる。

幼馴染の杏子に対しては、幼馴染以上の特別な感情を抱く事もしばしば見られるが、彼女が闇遊戯を意識している事を知っているため、杏子と闇遊戯を一緒にいさせてあげようと気遣うような場面もある。

祖父の双六から譲り受けた千年パズルを組み上げた事で、もう一人の人格闇遊戯を宿すようになる。当初は闇遊戯が出現している間の部分的な記憶喪 失には自覚があったものの、闇遊戯の存在に気づくには至っていなかった。シャーディーに出会い、もう一人の人格の存在を示唆され、やがて「二つの人格を持 つ」という異常な状態に不安感を覚えるようになるが、DEATH-Tでの城之内の言葉によってそれを克服し、「もう一人」の存在を受け入れる。以降の人格 交代は双方の意思によるものとなり、記憶も共有されるようになる。「決闘者の王国」以降会話することが可能となり(ただし、会話中は周囲に闇遊戯の姿が見 えないため、周囲からは独り言を言っているように見え、母親(声:鈴木真仁) から「最近独り言が多い」と訝しがられていた)、闇遊戯との絆はより深いものとなるが、バトルシティを経て闇遊戯の正体と自分の使命を認識し、彼を冥界に 還すことを決意する。闘いの儀においては自ら彼に引導を渡す役目を引き受け、激戦の後勝利。去っていく闇遊戯を涙ながらに見送った。

デュエル時は闇遊戯の出番が圧倒的に多いので、闇遊戯より弱いと思われがちだが、実際は闇遊戯との実力差は殆ど無く、精神的な強さに至っては闇遊 戯を上回る(作者自身もこれに言及している)。ただし本人は自分の実力にそれほど自信がなく、常に強気で自信にあふれた闇遊戯にあこがれている。

デッキは闇遊戯と共に作ったものを二人で使っていたが、最終章からは一人で作ったデッキを使用。毎ターン攻撃力がアップする「サイレントソード マン」、相手のドローしたカードの枚数分攻撃力を増加する「サイレントマジシャン」、魔法攻撃以外の攻撃を受け付けない「マシュマロン」、闇遊戯との決 別を意味するカード「破壊竜ガンドラ」「封印の黄金櫃」など、ステータスは低いが癖のある効果を持つカードを多く使う。最終章にて三幻神、「ブラックマ ジシャン」を操る闇遊戯とのデュエルで彼を超え、本当の意味で自立した。

ア ニメ第二作オリジナルのドーマ編では伝説の竜「ティマイオス」の所持者となり、世界を救うためドーマと戦った。また、ラフェール戦にて「オレイ カルコスの結界」の本質を早くに見抜き、闇遊戯がこれを使う事を止めようとしたが、それはかなわず、自ら負けた闇遊戯の身代わりとなって結界に封印される 事になる。また、その後、石の荒野において闇遊戯に喚び出され、彼の心の弱さと傲慢さを指摘しデュエルを挑む場面があるが、ここでの遊戯は遊戯本人ではな く闇遊戯の心が映し出した幻影である。

闇遊戯

人物

もう一人の主人公。 遊戯が千年パズルを完成させた事で、パズルに眠っていた人格が所持者の遊戯に宿る形で現世に復活を果たす。あらゆるゲームのプロフェッショナルであり、闇 の番人として定めた標的「心の領域を踏み越えた者」。即ち悪党に闇のゲームを持ちかけ、敗北した者。定めたゲームのルールを破った者に罰ゲームを与え裁い ていく。小説版では自らを「遊戯王」と名乗っている。

初期の頃の彼は顔つき、口調や性格等はやたらと傲慢不遜な、闇の番人然としたかなり邪悪なものだった。文庫版では一部、顔つき等が後期の闇遊戯に近いものに修正されている。初期の闇遊戯の、それこそ相手を殺すか破滅させかねない凶行について「千年パズルの中にもまたゾークの一部が宿っており融合しかけていた」とされた。つまり初期には遊戯、アテム、アクナディンが一つの体を共有しており後者の二人が混合しかけていたといった状態にある。

悪を許さない強い心、どんな不利な状況になっても諦めない闘志、様々な戦略を考える知性、類まれなる強運を兼ね備えた、世界最強クラスのデュエリスト。ほぼ全てのデュエルに勝利しているが、ペガサスJクロフォードとの1戦目や海馬瀬人と の王国でのデュエルでは、他の要素が絡み敗北している。また、アニメオリジナル「ドーマ編」における初回のラフェール戦では唯一完敗を喫している。使用 デッキは遊戯と共に構築した「ブラックマジシャン」を中心とした上級モンスターが多めの重量デッキで、初期の頃はモンスターの強弱が極端なデッキだっ た。

デュエルにおける勘や分析力に秀でる反面、恋愛等の日常的な事柄には疎く、杏子の自分に対する想いに気付いていないばかりか、杏子が自分を意識し ている事を知っている遊戯の杏子への想いを応援している。性格は基本的に真面目で、常識的な行動発言が多いが、冗談が通じないわけではなく、表遊戯をか らかったりする場面もある。シリアスな場面での登場が多い故にコミカルな描写は皆無に近いが、アニメ第二作ではコミカルなシーンも多く、杏子とのデートの 際に遊戯の計らいにより酷く取り乱したり、KCグランプリ編にて「凡骨の意地」についての説明を遊戯に押し付けて逃げたりとお茶目な面も見せた。

表遊戯の存在は出現当初からしっかりと認識しており、表遊戯が闇遊戯について当初は全く記憶がなかったのに対し、彼の方は表遊戯の行動をきちんと把握していた。二人の繋がりは時を経るのに比例して強固になっていき、決闘者の王国直前にはお互いの感情を なんとなく察知することができる様になり、王国後は完璧に会話することも可能になる。また、その頃から表遊戯のことを「相棒」と呼ぶようになる。表遊戯に 対しては保護意識が強く、実力を認めてはいるものの、危険な戦いからはなるべく彼を遠ざけようとする姿勢が顕著だったが、城之内とのデスマッチを自力で乗 り越えたことを契機に、守るだけでなく共に闘うパートナーとして扱う様になる。

他の仲間達からは表遊戯へのものと変わらぬ友情と同時に絶大な信頼を寄せられており、また本人も同様の友情と信頼を抱いている。特に城之内とは同 じデュエリスト同士ということもあって、強い絆で結ばれている。ライバルのデュエリストに対しても、相手の態度に関わらず基本的には友好的に接するが、何 らかの危害を加えてきた相手は徹底的に打ちのめす一面もある。また、一部の人物に対しては敬称を用いなくなる。

普段は常に自信に満ち溢れた強い姿を見せているが、その裏では傲慢さや打たれ弱さが垣間見える。孔雀舞戦では、ペガサスを倒すことに気を逸らせる あまり、目前の相手である舞を軽視し、「攻撃的な男は打たれ弱い」「自分の弱さと向き合う勇気がない」と見抜かれる。アニメオリジナル「ドーマ編」ではラ フェール戦にて自分の勝利のためだけにモンスターを次々と墓地に送り、その結果敗北を喫する事となってしまった。

 

接下來就是翻譯版本PS:虽然看起来有点没头没脑,但是这其实是针对武藤遊戲的專門介紹。PPS:紅色字是自我吐槽

遊☆戲☆王

 

主人公。遊戲由於完成了千年積木,所以變成了擁有雙重人格的事。(這一句話概括也太強了吧)

 

遊☆戲☆王GX

 

作為傳說中的决鬥王,他的名字在決鬥者之間廣為流傳。前作最終話之後的數年,因為亞圖姆向著冥界開始他的旅行的關係,所以脖子上並沒有佩戴千年積木。那個時候的他已經成長為人,無論是身高還是聲音又或是鎮靜的態度,和亞圖姆已經極為相似,但身上卻有著別于亞圖姆的穩重氣質。

臉部在現代登場時都被陰影所遮蓋,也許是設定上的需要,無法窺知到確切的原因。

某日,和趕往决鬥學院的决鬥少年游城十代相遇,在託付了寄宿精靈之力的【羽翼栗子球】之後,展開了未知的旅程。

不過,在决鬥學院最終畢業儀式即將同樣踏上旅程的十代面前再次現身。然後,爲了幫助十代找回在成長之中失去的東西,用羽翼栗子球的卡片將十代送回到過去的自己身邊。(換句話說這一切類似于遊戲給予十代的試煉= =)與【最強的決鬥者】戰鬥。然後在過去的童實野市里十代遇見的,是在當時同時持有千年積木和三張幻神卡的遊戲。

爲了對抗過去的遊戲,十代驅使著E·HERO的卡片和他展開了互不相讓的激烈决鬥,就在十代即將看到自己勝利的同時,遊戲的千年積木發光。然後,現代的遊戲所告知的【最強的決鬥者】,也就是亞圖姆出現之時,前作的BGM【火熱的決鬥者們】在激動中登場。亞圖姆承認了十代身為決鬥者的實力,并認為其對手只有神才配擔當,於是召喚了三幻神之一,【歐西裡斯的天空龍】。


遊☆戲☆王 超融合 超越時空的羈絆


作為主人公之一登場。參加了貝卡斯主辦的大會,並與穿越時空的遊星和十代相遇,三人聯合一起對抗帕拉多克斯。决鬥依然由亞圖姆接手,面對帕拉多克斯從遊星手上搶走的星辰龍,巧妙地運用擅長的魔術師戰術戰鬥。【5D’S】時代里同樣以傳說知名,遊星對其也非常的尊敬。(蟹的敬語大寒)


2個人格


利用千年積木的能力交換人格。如果遊戲取下千年積木則無法進行交換;積木和遊戲之間有一定距離的話同樣會無法交談;積木破壞的場合,人格交換和對話都無法進行。暗遊戲利用積木保持現身的特定要求不明。原作中和海馬圭平進行的有毒料理對決中爲了破壞對方的作弊工具,曾一時將積木從手邊離開,那個時候的暗遊戲依然在表面狀態。(靠,這莫非是bug?!)

 

表遊戲


人物


漫畫【遊☆戲☆王】,【遊☆戲☆王R】,【遊☆戲☆王】動畫,【王デュエルモンスターズ】的主角。(說是這麼說,可是感覺AIBO的存在感好低= =)

體型和年齡成反比,非常的矮小。性格體現出弱氣和少許的幼稚,但是同樣擁有爲了保護重要的東西而勇於面對凶惡敵人的勇敢之心,就算是敵對的人也可以原諒,充滿信賴和溫柔的人。

正義感很強,但是一般時候總是用弱氣的個性掩蓋這個特點。

與身為埃及法老的暗遊戲為兩心同體的狀態,也有被稱呼成【法老王的容器】。

母親雖然有登場,但是和父親有關的信息無論是動畫還是原作都沒有提及。設定上是因為工作關係單身赴任。不過,第一期時和雙六一起生活時稍有說明。


交友關係


因為本來弱氣和自卑的性格導致被稱為朋友的人並不多。自從被班上同學的城之內克也以及本田廣人“欺負”過之後,受到風紀委員牛尾的威脅,爲了保護城之內和本田的遊戲和城之內之間產生了友情的萌芽。從此以後,兩人成為最好的死黨,建立了信賴和互相肯定的關係。之後與本田同樣成為朋友,就經常與城之內本田三人一起校外行動。

對於青梅竹馬的杏子抱持著友誼以上的感情,但在察覺到她對於暗遊戲的好感之後,也有過試圖成全兩人的想法。(AIBOOOO啊!)

從祖父武藤雙六那裡得到了千年積木并組合成功開始,另一個遊戲的靈魂就一直寄宿在身體之上。一開始對於暗遊戲出現時間段的記憶喪失並沒有什麽自覺,也並沒有注意到暗遊戲的存在。與夏迪的相遇后,被告知存在著另外一個人格,就一直處在【有兩個人格】這種異常狀態的緊張感之下,DEATH-T之中被城之內的話語說服,決定安然接受另一個自我的存在。在那之後,交換就是雙方兩面的意思,記憶也開始共有。決鬥者王國之後可以進行自由對話,對話中可以在身邊見到暗遊戲的身影,身邊的人看來卻是處於自言自語的狀態。母親(CV:鈴木真仁)經常所說的:最近總在自言自語的感覺有點擔心。與暗遊戲之間的牽絆也逐漸變得深厚,戰鬥城市中認識到暗遊戲是爲了追尋自己真正的身份的使命,決意讓他平安回到冥界。戰鬥之儀自己擔當了引導他的角色,在激戰之後勝利。目送離去的暗遊戲留下了不捨的淚水。(AIBOOOOOO啊啊啊啊啊!【還來啊!】不過這集我感動不是因為王樣,是AIBO太可憐啦!!)

在决鬥中暗遊戲以壓倒性的次數出場,所以總是覺得自己比暗遊戲要弱,實際上兩個人之間的實力差距幾乎是0,就精神上的強度來說甚至還強過於暗遊戲(作者自己也這麼說)。不過由於對自身的實力認識不足和沒有自信的關係,總是憧憬著充滿自信和強大的暗遊戲。

牌組是和暗遊戲一同組合并同時擁有,不過最終章里的牌組卻是自己一個人組的。每回合就會提高攻擊力的【沉默劍士】,對手抽牌時就會提高攻擊力的【沉默法師】,除了魔法攻擊之外不被任何攻擊破壞的【棉花糖】,與暗遊戲訣別所使用的【破壞龍-剛多拉】【封印的黃金櫃】之類,等級和攻擊力不高但是擁有特殊能力的卡片居多。最終章中,超越了操控著黑魔導和三幻神的暗遊戲,真正的意義上成爲了可以獨當一面的決鬥者。

動畫第二作原創的多瑪篇【提瑪歐斯的眼睛】的持有人,爲了拯救世界而與多瑪進行戰鬥。在與多瑪三劍客之一拉斐爾的戰鬥中率先看穿了【奧雷卡爾克斯的結界】的本質,打算阻止想要使用那張卡的暗遊戲。失敗之後,爲了拯救暗遊戲,自己代替他成爲了多瑪的靈魂囚徒被結界封印。在那之後,石之荒野中被暗遊戲呼喚出來,指出了暗遊戲內心深處的傲慢和軟弱并挑起决鬥。不過這裡的遊戲並不是本人,而是暗遊戲內心映射出來的幻影。




暗遊戲


人物


另外一個主人公。由於遊戲完成了千年積木,沉睡在積木中的另一個人格得以蘇醒。對於遊戲方面非常擅長,黑暗的守護者。對於惡人一向用黑暗遊戲制裁,而失敗的人則會按照遊戲規則給予懲罰遊戲,小說版中有在人前說過自己是【遊戲王】。(<---想到某:才不這麼叫XD另外這個讓我想到了美版裏面暗表交換會出來:Yugioh!!!這樣的呼聲,好吧,我承認那是笑點)

初期的時候,他的臉,表情,態度乃至性格都非常桀驁不馴,作為黑暗的守護者呈現出完全邪惡的姿態(魔王萬歲!!要是在後期也這樣馬利克爾等那是秒殺啊)。文庫版中的第一部,爲了和後期的暗遊戲相近而有過修正。初期的暗遊戲,會對對手做出殺害乃至精神破壞的惡劣行動是因為【千年積木中還融合了一部份暗黑邪神佐克的意志】。也就是說有初期的遊戲,亞圖姆,阿克納丁三種意志的存在,而后兩者則更偏向于意識的融合狀態。(原來這裡那老頭也插了一腳,所以說初期王樣那麼邪惡可怕啊!其實我想說阿克納丁你幹得好,你不要走,俺看不慣豆腐王樣啊啊啊!)

兼備著絕對無法容忍邪惡的堅強之心,無論處在怎樣不利的狀態也決不放棄的鬥志,擅長於分析各種戰術的知性和極其強大的運勢,堪稱世界上最強等級的決鬥者。幾乎在所有决鬥中勝利,除了和貝卡斯·J·克羅佛多的第一戰以及和海馬瀨人的王國中的决鬥,其他都沒有敗北過。不過,在動漫原創部份的拉斐爾初回戰中第一次完敗。使用牌組是和遊戲一同構築的以黑魔導為主,上級怪獸居多的重量級牌組,初期的怪獸強弱分級十分極端。(其實現在看來,遊戲的牌組平衡性很不好,就連不玩决鬥的我都懂,可見強運和DD才是主人公的殺手鐧啊)

和在决鬥中優秀的直覺和分析力相反,對於戀愛以及一些日常事情十分疏忽,完全沒有注意到杏子對自己的好感。但是對於遊戲暗戀杏子這件事卻一目了然並給予相當程度的支持。性格比較認真和沉穩,總是做出符合常識性的發言和行動,不太擅長玩笑之類的輕鬆對話,通常都是表遊戲做出反應。在系列里多次登場可是類似滑稽有趣的場景卻接近於無。動畫第二作里的有趣場景相對來說要多了一點,在與杏子約會時曾經出現類似表情,也有在KC大獎賽中因為使用了【庸才的決心】這張卡被城之內追問,強制轉換人格推出遊戲應付城之內,自己逃走的場景。

對於表遊戲的存在從一開始就有察覺到,擁有表遊戲所有的記憶。并對於表遊戲的行動力表示了肯定,兩人的羈絆也是死黨中最為深厚的。決鬥者王國之前只能進行彼此的感情交流,王國之後就可以完全進行對話。然後,在那之後稱呼表遊戲為【同伴】,對於表遊戲的保護意識極強。(寫這個的人怎麼感覺很腐,嘛這也是事實。王樣一向保護遊戲,像老$#$%<--請你趕快回家)但也同時認同其實力,面對危險的戰鬥總是爲了讓他離遠一點而自己進行。不過在與城之內的死亡决鬥中,爲了守護決鬥者的榮耀而不得不對表遊戲聽之任之。

與其他的夥伴中,表現出不會遜色于對表遊戲的信賴。特別是城之內這樣的決鬥者夥伴來說,則存在著更為堅韌的牽絆。面對競爭對手的決鬥者,大多帶著友好的態度,但是同時具有一旦對方對死黨們做出什麽危害的事情來就會一口氣敵視下去的一面。PS,對於大部份人物不會使用敬語。(根據本人研究:只對城之內,本田和十代使用過敬語)

平時總是以強大自信的樣子出現在人前,但是內在里還是存在著傲慢的一面。與孔雀舞在貝卡斯城一戰中,因為一心只想打敗貝卡斯,輕視眼前的敵手,被斥為【沒有正視自己軟弱的勇氣】。也有動漫原創的多瑪篇,與拉斐爾的第一戰中爲了自己取得勝利而將一只只怪獸送進墓地,結果卻慘敗的事。

 

雖說是原文翻譯,當然我不是專業的肯定有錯了。其實我打算找個時間把這個更新到中文維基上,反正閒著也是閒著的
好吧,下一个目标是蟹XD
PS:紅色藍色放一起晃死你眼睛了吧XDDDD

創作者介紹

X-OVIS

lmz0114 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()


留言列表 (2)

發表留言
  • ka1401
  • 等蟹......(蹲坐)
  • 嗯!

    lmz0114 於 2010/11/02 04:12 回覆

  • 逆
  • 路過~看到板主強大的遊戲愛XDD
    吐槽都吐到重點我好愛
    但是看到主萌闇游的吐槽不自禁讓我想留言
    我也看不慣後期的豆腐王樣阿阿阿TAT
    初期那樣萌殺人的說((被拖走
  • 我強大的吐槽愛啊XD
    王樣還是初期神設定的好
    無印的豆腐實在是……
    原作還好點。

    lmz0114 於 2010/12/16 07:05 回覆

找更多相關文章與討論
【 X 關閉 】

【痞客邦】大學生網路社群使用習慣調查

親愛的讀者,痞客邦希望能了解大學生的網路社群使用習慣,
填問卷即可抽獨家好禮喔!
(注意:關閉此視窗將不再出現)